性病を放置するとHIVに感染することもあるもで注意

性病を放置していると、HIV感染確率が高まります。
性病の中には、2週間ほど薬を服用すれば完治できるものもあります。
しかし放置したままでいると、やがて性器に炎症が起こり、炎症が起きている部分には、小さな傷口が数多くできているものです。

HIVは、もともと感染確率の高いウィルスではありません。
性交での感染確率は、1%ほどであるとされています。
空気にも水にも弱く、血液や精液、膣分泌液を介してしか感染しません。
唾液にもHIVは含まれていますが、バケツ何杯分もの量がないと、HIV感染はしないとされます。

本来、このように感染率が低いHIVですが、傷口があると容易に侵入できるようになるため、感染確率が上がります。
性病に感染していると、感染していない場合に比べ、HIV感染確率が3倍から5倍にも跳ね上がるとされているほどです。

性病とHIVは、感染経路が同じです。
そのためHIV感染者は、他の性病にも感染している可能性が極めて高いと言えます。
性病に感染していると、性器に炎症があり、炎症部分の傷口から出血しやすい状況にあります。
HIV感染者がそうした状況で、もう一方が性病に感染していると、性器の炎症部分の傷口からHIVが侵入する確率が高まるのは明白です。

性器に炎症がなく、皮膚のバリア機能が保たれていれば、HIVの侵入はかなり防げます。
性病に感染していなければ、感染率はおよそ1%です。
もちろん、感染の危険がない性交をするべきです。
HIV感染を知らないでいるケースはかなり多いため、常にそれは必要なこととなります。

HIVに特に気をつけなければならないのは、HIVに感染して放置していると、確実に死に至るからです。
梅毒も、やはり放置していれば死に至る性病ではありますが、死に至るまでは10年以上の期間があります。
HIVは、最近では10年未満で死に至ることが多くなっていますので、特に注意が必要となります。
また、HIVは梅毒と異なり、完治できない性病です。

性病を放置すると恐ろしい病に感染することもある

性病には十数種類がありますが、HIVや梅毒を除けば、比較的短期間で死に至ることはないため、軽く考えられがちで、放置されることが多いのが現実です。
しかし放置すると、性器に炎症が起こり、HIVにも梅毒に感染しやすくなります。

性病は、治療方法が確立しており、薬を短期間服用するだけで完治します。
感染の有無だけなら、自宅で自分で調べることも可能です。
検査キットが通販で購入でき、それを用いれば、感染の有無を誰にも知られることはありません。
感染機会があったと認識している場合は、感染の有無を早めに調べ、感染していたら、すぐ医療機関で治療を開始することです。
それにより、死に至る恐ろしい病に感染する確率を大幅に下げることができます。

例えば、HIV感染者の血液が皮膚についたとしても、HIVには感染しません。
しかし、その皮膚に傷があった場合は、傷口からHIVが侵入している可能性があり、感染の可能性があります。
同じ蚊に刺された程度では感染しないとされていますから、傷口の程度にもよります。

性交では、小さな傷が生じやすい上に、接触するのが粘膜です。
粘膜は他の皮膚と違い、HIVに非常に感染しやすい部位です。
ただでさえ、普通の皮膚よりも感染しやすい上に、性病に感染していることで、その粘膜に炎症が起きていたりすれば、粘膜の傷口から、HIVは容易に侵入してしまいます。

性器に炎症があることがいかに危険であるかということをよく認識し、その危険を除くため、性病を早期発見し、早期治療することが大事です。
性病のセルフチェックをするときには、必ずHIV感染の有無も検査することが不可欠です。
重複感染している可能性は少なくありません。