性病かもと思った時はセルフチェックを!

性病への感染機会があったと認識していても、病院へ行くというのはなかなか敷居が高いものです。
しかしそうしているうち、症状がどんどん悪化し、治癒するまでに長い期間を要することになってしまう場合があります。
なにより、感染の有無を知るまで、生きた心地がしないわけですから、そうした日々を送らずに、早めに検査したいものです。

現在では医療機関に出向かなくでも、自宅で自分で性病検査ができます。
インターネット通販で検査キットを購入して自宅で自分で採血や採尿をすれば、感染の有無は自分以外誰一人知りません。
医療関係者には守秘義務があるとはいえ、医療機関で誰かと顔を合わせるのではないか、と考えるとなかなか足を運びづらいものです。
守秘義務があるとしても、誰にも知られたくないという気持ちを持つ人も少なくないでしょう。
その心配に応えるのが、インターネットで購入できる検査キットです。

性病検査キットにはさまざまな種類があります。
いくつかの限られた性病に限って調べる検査キットは割安ですが、できればHIVを含め、あらゆる種類の性病検査のできる商品を購入するのが望まれます。
検査できる性病の種類が多ければ多いほど、商品の値段は高くなるものです。
しかし、限られた種類だけ調べて、他の性病への不安をかかえたままでいるより、全部まとめて調べて、完全に安心できる状態になったほうが、望ましいと言えるでしょう。

検査キットは、夕方まで電話かインターネットを通して注文すると、たいてい即日発送されます。
自分の名前を知らせる必要はありますが、住所は伏せておくこともできます。
その場合は郵便局やコンビニエンスストア、宅配便の配送センターなどで商品を受け取ることが可能です。
それを自宅に持ち帰り、自宅で採血や採尿をおこないます。
採取したらそれを検査キットの封筒に入れ、無記名でポストに投函しましょう。

自分でIDとパスワードを決め、それを記して同封しますので、検査結果はそのIDとパスワードを使って、知ることになります。

まずは軽い症状が出た時の対処法を知っておく

性病を疑わせるような軽い症状が出たら、すぐ性病検査キットを注文しましょう。
HIV感染の有無だけをとりあえず知りたいという場合は、保健所を利用することもできます。
病院と異なり、匿名で検査できます。
しかも無料であり、かなりの保健所で、採血した数十分後に感染の有無を知ることができるようです。
名前も住所も電話番号も知らせる必要はなく、完全に匿名性が保てますが、保健所の職員や他の受検者と、顔は合わせます。

それに抵抗がある場合は、インターネットで検査キットを購入するという方法になります。
性病の可能性が高い症状は、インターネットを検索するとすぐ見つかりますので、それを参考にしながら、とりあえずはセルフチェックをしてみましょう。
セルフチェックをした結果、やはり性病の症状であると自覚した場合は、すぐ検査キットを注文しましょう。
ただ、性病には感染初期に症状がまったく出ないものもありますので、セルフチェックですべて判断できるというものでもありません。
セルフチェックは、あくまでも目安と考え、症状がなくても検査はすべきです。

セルフチェックをして感染したことは間違いないと考えられる場合は、病院に直行するのが最善の道ではあります。
ただ、どうしても抵抗があるという場合もあることでしょう。
その場合、助けとなるのが、検査キットです。
自宅で自分で採血や採尿もでき、誰にも知られず感染の有無を知ることができます。
その結果、感染していることが明らかとなったら、もう敷居が高いという問題ではなくなり、医療機関に足を運ぶ決断もしやすくなるでしょう。

放置するというのが、最も避けるべきことです。
検査キットが、放置を防ぐ一助となります。