妊娠中に性病に感染すると胎児にも影響

性病はいろいろなシーンでその人の身体にリスクを及ぼすものです。
もし女性が妊娠をしている時に性病に感染してしまうと、あまり良くない影響を受けてしまいます。
どのようなリスクがあるかというと、お腹の中の赤ちゃんに病原菌が感染してしまい、それにより病気になってしまいます。

例えば肺炎などの炎症を起こしたり、目が見えなくなったり、奇形の状態で生まれてくることもあります。
性病の種類についてはエイズ、クラミジア、カンジダ、コンジローマなどの多くの種類があります。
せっかく妊娠して子供を宿ってもこのようなリスクを背負った状態だと、安心できないメンタルが続いてしまいます。

このような性病は複数人を相手にした場合だけでなく、性交渉をする人であればだれでもリスクがあるものです。
昔CMでもあったように、元交際相手の元交際相手は知らない、というケースがほとんどです。
その為、だれもがリスクがある状態なのです。

また、胎児を早産したり流産してしまうケースも考えられます。
結膜炎や肺炎にかかった場合は、生後数か月で死亡してしまうということもあり、本当に怖いものです。
恐ろしいこのような可能性を防ぐためには、できるだけ早期の段階で検査を受けるようにしましょう。
なぜなら、病原菌やウイルスにかかって性病になった場合にはその期間が長ければ長い程どんどん治療が効きにくくなってしまうためです。

あまり自覚症状がないような病気もあるので、検査を受けることをおすすめします。
自分には関係ない、と思う場合であっても受けるようにしましょう。
この検査の結果、もし感染していた場合にはすぐに治療を開始しましょう。

妊娠中に性病の治療というとかなりリスクが高いイメージがありますが、実際に完治して無事出産を終えている人もいます。
きちんと胎児に影響が出ないように病気に気づくことが出来るかどうか、というのがとにかく大切なポイントです。
与える影響は様々です。

妊娠中は性病などの感染に十分注意して生活する

妊娠中であっても旦那に求められれば応じて性交渉をしている、という人もいますがコンドームを使ってきちんと避妊していたとしても感染する可能性はゼロではありません。
同じように胎児にとって早産、流産であったり結膜炎や肺炎などの炎症を起こす可能性があります。
妊娠中にこのような胎児の影響を防ぐためには、1番確実なのは性交渉そのものを行わないことです。

最悪のパターンだと死亡に繋がるようなこともあるので、胎児を大切に思う気持ちがあるのであれば我慢しましょう。
しかし、どうしても我慢できないのであれば不特定多数の相手とはお互いに行為を行わないことです。
もちろん夫婦であればそれが普通ではありますが、パートナー2人共がこのようなリスクを持っていなければ基本的に性病にかかることはありません。

きちんと倫理観を持って行えば、妊娠中であっても胎児に影響を及ぼすことはありません。
例えば胎児が早産すると無事生まれてきたとしても体が弱かったり、結膜炎や肺炎などの炎症に対する抵抗力が弱いのでとてもかかりやすいです。
1度流産してしまえば身体的にも精神的にも次の妊娠は難しいかもしれません。

早産、流産だけでなく結膜炎や肺炎などによって死亡してしまった時も同じです。
妊娠中から胎児の死亡を経験すると深く傷を負います。
死亡しなかったとしても早産、流産、また結膜炎などの炎症が起こると子供が成長してから何かしらの影響が出てくることもあります。

その為、心から安心することができません。
妊娠の期間は10ヶ月程度で、妊娠に気づいてからとなると7ヶ月程度なのでその期間中は感染に十分注意して、後々後悔しないように倫理観を守って生活を送るようにしましょう。