クラミジアは女性の方が感染しやすい

クラミジアは、クラミジア・トラコマチスと呼ばれる細菌が原因になって発症してしまう感染症のことです。
性感染症の一つでもあり、また性感染症の中で最もかかりやすい病気の一つともされています。

クラミジアの感染ルートは、女性の膣内から侵入することによってかかりやすくなってしまいます。
そのほか、口などの粘膜を通じて体外から侵入する可能性もあります。
不特定多数との性行為により膣内へと細菌が侵入する機会を増やしてしまうことにより、この病気にかかってしまうリスクが高いです。
そのため、男女問わずに注意しておくことが求められます。
もしも心当たりがある場合には定期的に医師の診察を受けておくようにしましょう。

男性でもかかってしまう場合もありますが、女性のほうがクラミジアにかかってしまうケースが多いです。
この病気にかかってしまうと、男性の場合は尿道炎を引き起こす原因となります。

尿道炎になるケースでは、最初に体外からクラミジアを引き起こす細菌が侵入することによって体内に1週間から2週間前後潜伏期間をおいたあとに排尿痛とよばれる排尿時に生じる痛みが出てくることが特徴です。
尿を出すときには、尿道分泌物が検査の際に認められます。
それから、精巣炎などにかかる場合もあります。

一方、女性の場合はおりものなどがあったり不正性器出血が認められることによってクラミジアだと分かることが多いです。
膣内への侵入のほか、口などの粘膜などからも感染するので女性のほうが男性と比較して症状にかかる機会が多いです。

男女に限らずいずれの場合も、早期発見と適切な治療を受けることで治りやすい病気ですので定期健診などをしっかりと受けるようにすることが求められるでしょう。
治療方法としては、抗生物質などを投与する方法があります。
クラミジアの場合は、現在ある抗生物質だけで治してしまうことが可能です。

抗生物質を使用するときのポイントとしては、ある程度効き目を実感しても使用をやめずにそのまま服用し続けることが大事です。
きちんと体外から侵入したウイルスを殺すには、細菌が完全に消滅するまで服用し続けることが大事といえます。

女性はクラミジアに感染しても症状が分かりづらい

クラミジアは一つ厄介な性質があり、女性が感染してしまった場合には感染しても自覚症状が男性と比較すると分かりづらいという特徴があります。
この場合、無症候性感染と呼ばれる感染しても半数以上が自覚症状が全くないケースもみられます。
その理由は、例えば体外から膣内や粘膜を通じてクラミジアが侵入しても体の中に備わってある免疫機能が働いたときには、感染しても発病するまでには至りません。

ただ、症状が仮に抑えられていても静かに病気が進行してしまっているケースも多くあります。
その結果、女性では最悪の場合クラミジアがもとで肝機能障害をひきおこしたり不妊症の原因となってしまったりすることもあります。
ですので、不特定多数と性交渉をしているという場合においては男性もですが、女性の場合は特に気を付けなければなりません。

女性の場合は体外から粘膜や膣内などから侵入する機会については、男性よりも多いです。
男性が粘膜などを通じて感染しても自覚症状がない場合もありますが、やはり予防策としては性交渉の乱れについては直しておくことが求められます。

もしもクラミジアに感染していると疑われるような場合には、パートナーとなる相手についてもできるだけ診察してもらうようにします。
性行為による感染だけではなく、オーラルセックスによっても感染するリスクが少なからずありますので注意します。

仕事などで忙しくてなかなか病院に行く機会がないという場合には、自宅で検査をするという方法もあります。
自宅で検査する方法はプライバシーに配慮していることがメリットであり、こうした方法も活用しておいて感染の有無を確かめておいたほうが良いでしょう。
ただ、最も確実などは婦人科や泌尿器科などの医師に診てもらう方法です。