クラミジアの治療について

ミノサイクリンという成分の効果
◎私おすすめのクラミジア治療薬はこれ!

クラミジアは、性感染症の中でも特に感染力の高いものの一つです。
近年では、10代の若い人が多く感染、発症するようになっており、性行為の若年化が大きな問題にもなっています。
クラミジアが発症する原因は、「クラミジア・トラコマチス」と呼ばれる細菌が性器部分に感染し、増殖することで発症します。
また、性行為の仕方によっては、咽頭へ感染することもあります。

男性と女性とではクラミジアの症状も異なるため、しばしばそのまま放置してしまうこともあります。
しかし、放置することで大切なパートナーにもうつしてしまう可能性があるほか、女性の場合では不妊の原因になるため見過ごせません。
性行為をする年齢ではだれでも感染する確率があるため、クラミジアを疑う症状が現れた場合には早めに治療を行うことが大切です。
そこで、クラミジアの感染率の高さの理由を知るとともに、効果的な治療方法などを見ていきましょう。

クラミジアの症状は?

カレンダー

クラミジアは感染してすぐに症状が現れるわけではなく、感染してから1週間~3週間くらいの潜伏期間を経て発症します。
この間、クラミジア・トラコマチスがどんどん増殖し、同時に粘膜に炎症を与えているわけです。
そのため、クラミジアにかかっているかの検査は、性行為後1週間以上経過してから行います。

男性の症状

主に尿道や睾丸で炎症が起こります。

尿道
尿道がムズムズしてかゆい(少し痛みがある)、排尿時に熱を感じたり痛みを感じる、尿道から膿のようなものが出る、射精の際精液に血が混じる、排尿後に膀胱に違和感を覚える
睾丸
腫れて痛みがある、しこりのようなものがある、(悪化症状)太ももの付け根や下腹部に痛みを感じる

女性の症状

主に子宮の入り口に当たる子宮頸管で炎症が起こります。

子宮頸管
おりものの量が通常よりも増える、性交渉の際に痛みを感じる、性交渉の際に少し血が出る、(悪化症状)おりものが白から黄色に変わり異臭がする、おりものに血が混じる、膣周辺にかゆみが出る、下腹部に痛みを感じる

男女共通の症状

咽頭や目に炎症が現れますが、咽頭の症状はほとんどが自覚症状がありません。

咽頭
腫れや痛みが出る、熱を持つ
瞼が腫れる、むくみや充血が出る、目やにに粘り気が出る

クラミジアは、男性と女性とでは自覚症状の感じ方に違いがあり、女性の方が男性よりも自覚症状が出にくいとされています。

クラミジアの治療方法とは?

診察する医師

感染力の高いクラミジアの治療方法は、細菌であるクラミジア・トラコマチスを完全に死滅させる必要があるため、感染した場所が性器や咽頭である場合には、抗生物質を使用して治療を行っていきます。
また、目に感染した場合には、クラミジア専用の目薬や軟膏などを使って治療していきます。
女性の場合、進行すると子宮付属器(卵巣・卵管の総称)に炎症が起こる子宮付属器炎を発症することもあり、このような場合には点滴による治療が行われます。

治療に使用される抗生物質には、マクロライド系・テトラサイクリン系・ニューキノロン系があり、感染部位や症状の現れ方によって使い分けされます。
中でもクラミジア治療に広く使用されているのが、「ジスロマック」や「クラビット」です。

ジスロマックは、マクロライド系の抗菌内服薬で、有効成分であるアジスロマイシンが、細菌の細胞内にあるリボソームと呼ばれる器官に働きかけ、リボソームの活動を抑制する作用があります。
これによって、細菌のエサとなるタンパク質(核酸)の生成を抑制することができ、死滅させることができます。

クラビットは、ニューキノロン系の抗菌内服薬で、感染力強いクラミジアの治療や、その他の感染症の治療にも使用されています。
有効成分はレボフロキサシン水和物と呼ばれるもので、細菌のエサとなる核酸(タンパク質の核)の生成を抑制して、増殖を防ぎ死滅させる作用があります。
また、目薬としても利用されています。

クラミジアの感染はなぜ多いのか?

手をつなぐ男女

性感染症の中で最も多いとされているのが性器クラミジアです。
その他にある性感染症には性器ヘルペスウィルス、淋菌、尖圭コンジローマなどがあります。
厚生労働省が発表した「性感染症報告数」によると、平成28年では性器クラミジアが24396人、性器ヘルペスウィルスが9174人、淋菌が8298人、尖圭コンジローマが5730人であり、クラミジアは他の性感染症の約2倍~4倍となっています。
この報告数から見ても、その感染力の高さがよく分かります。

性器クラミジアの感染率が高い原因は、主に6つあります。

  1. 感染力の強さ
  2. コンドームを付けずに性行為をする
  3. パートナー、またはパートナー以外と性行為をする
  4. 医療機関に行きにくい
  5. 性行為の多様化
  6. 風俗店での性行為

などです。下記で詳しく見ていきましょう。

感染力の強さ
主な感染経路は性行為で、感染者との性行為で粘膜同士が接触したり、精液や膣分泌液がパートナーの性器に接触することで感染します。 クラミジアは非常に強い感染力を持っており、感染者との直接の粘膜接触で約50%以上の確率で感染するといわれています。
コンドーム無装着での性行為
若い人に広がるのは、コンドームの無装着も原因の一つとなっています。 コンドームを付けないことで、クラミジアの感染率は50%以上になります。 そのため、きちんとコンドームを付けて性行為をすることで感染率を下げることができ、同時に大切なパートナーをクラミジアから守ることができます。
パートナー、またはパートナー以外との性行為
クラミジアは感染していても自覚症状が出ないことが多く、男性で50%、女性で80%の人には無症状であると言われています。 そのため、感染していることに気付かず性行為をすることによって、同時にパートナーにうつしてしまうことが多いです。 また、若い人の中には、その場の雰囲気でパートナー以外の人と性行為をすることも多く、この行為もクラミジアが広がる原因となっています。
医療機関に行きにくい
クラミジアなどの性感染症になると、恥ずかしさあまり自覚症状の有無に限らず、医療機関に行くのをためらってしまうことがあります。 特に若い人たちに多いです。
性行為の多様化
最近の性行為は多様化しており、性器以外で性行為をすることも感染者が広がる原因です。 若い人の中には、口と性器でのオーラルセックスや、肛門と性器でのアナルセックスといった性行為が行われることも多いです。 また、性器だけに限らず、舌を口内に入れるディープキスでも感染する可能性があります。
風俗店での性行為
風俗店などに行き不特定多数の若い人たちと性行為をすることも原因の一つです。 特に違法な営業を行っている風俗店も多くあり、様々な性行為が行われています。 こうした店に通うことで、知らず知らずのうちにクラミジアをうつされる(うつす)ことがあります。

クラミジアの感染者が広がるのは、クラミジア・トラコマチスの感染力の強さや自覚症状の少なさに加え、性行為の行う人同士の意識も関係しています。 さらに、性行為の多様化によって性器以外にも感染するためです。

ジスロマックは様々な感染症に効果がある

クラミジアの治療薬であるジスロマック抗菌薬は、アジスロマイシン水和物を主成分とする感染症治療薬で、マクロライド系の抗生物質の中では比較的新しい薬です。
ジスロマックの素晴らしいところは、1回の服用で抗菌効果が1週間続き、その間に細菌を約9割の確率で死滅させることができます。

細菌の感染症では、病原菌を完全に死滅させなければならないため、症状が治まっても決められた服用期間中は、必ず飲み続けなければなりません。
しかし、症状が治まってくると完治したと勘違いし、服用期間中にもかかわらず勝手に抗生物質の服用をやめてしまう人もいます。
ジスロマックの場合、1回の服用で細菌をほぼ死滅させることができるため、服用期間中に抗生物質を勝手に止めたり、飲み忘れたりすることがありません。

細胞が体内増殖するために必要なタンパク質を自ら生成し、それをエサにして増えていきます。
その生成に関わるのが、細菌の細胞内にあるリボソームという器官です。
主成分であるアジスロマイシンは、このリボソームのタンパク質生成作用を抑制してエサを作らせない働きをします。
クラミジアは人間の粘膜でしか生きることができないと同時に、増殖のためのエサもないのでやがて死滅してしまいます。

細菌のリボソームによるタンパク質生成作用は、クラミジア・トラコマチスに限らず、様々な細菌が増殖する際に行うものです。
ジスロマックの有効成分アジスロマイシンは、連鎖球菌や腸球菌、マイコプラズマなどに耐性を持つものもあり、その作用を活かして様々な感染症の治療に役立っています。
治療薬として使用される病気には、咽頭炎・気管支炎・マイコプラズマ肺炎・中耳炎・歯周病などです。

成分アジスロマイシンの補足情報

ジスロマックの有効成分アジスロマイシンが配合された治療薬は様々な種類が存在します。
アジスロマイシン配合の薬一覧についてはここから

クラミジア治療の場合の服用方法

クラミジア治療の際のジスロマックの服用方法としては、1日1回、500mgの錠剤を2錠飲むだけで良いです。
これで1週間程度の抗菌効果があるため、服用期間を気にすることもありません。
1回の服用で1週間程度の効き目が持続するということは、胃腸の弱い方には副作用などの影響が出る可能性もあります。
そのため、胃腸に不安がある人は1日1回1錠を、服用期間3日に分けて飲むと良いでしょう。

なぜ、1回の服用で高い効果が得られるのかというと、薬が体内に取り込まれ腸から血液に入ると、同時に白血球に取り込まれた状態で約1週間~2週間ほど体内を循環します。
その間、クラミジア・トラコマチスの近くで有効成分アジスロマイシンが放散されるため、抗菌作用が長い間続くというわけです。
そのため、1回でなるべく大量のジスロマックを1回、または3回に分けて服用します。

妊娠中は、胎児のことを考えてなるべく薬は避けることが大切ですが、クラミジアなどの性感染症は、放置しておくと新生児がクラミジアに感染する可能性があり、最悪の場合死亡する可能性もあるため治療する必要があります。
ジスロマックは、胎児に影響を与えることがないとされているため、妊婦にも使用することができます。

クラミジアの再発がないようにしっかり完治させる

感染力が強く、あっという間に広がるクラミジアは、性行為をする以上、再発する確率はとても高くなります。
そのため、感染中にはしっかりと完治させることが自分のためでもあり、パートナーを守ることにもつながります。

クラミジアを放置すると、HIVの感染率が健康な人の5倍にもなるといわれています。
性感染症で医療機関を訪れるのは恥ずかしいと治療をしないでいると、男性は尿道炎や精巣上体炎(副睾丸炎)、前立腺炎などになる可能性があります。
精巣上体炎になると男性不妊の原因にもなります。

女性の場合は、子宮付属炎、子宮内膜炎、骨盤腹腔炎などになる可能性があり、どの病気も不妊の原因となります。
このような状況にならないためにもしっかりと完治させることが大切です。

ひと昔前までは、クラミジアと淋菌の治療に効果的としてクラビット、シプロキサン、ミノマイシンなどの抗生物質が利用されていました。
しかし、細菌が進化して耐性が強くなったことで、淋菌にはクラビットが効かなくなり、クラミジアにおいても効き目が低下していました。
その後クラビットにも改良を加え、現在処方しているものは少量でも高い抗菌効果が期待できるものへと変化しています。

完治できる治療薬として有効なものは

  1. 細胞内に移行しやすいものであること
  2. 抗菌作用が長期間持続すること
  3. クラミジアの細胞核レベルで効果を発揮するもの

であり、これらを全て満たしている薬でなければなりません。

治療は保険適用の範囲内で行うことも可能です。
しかし、一般的な風邪やインフルエンザなどの感染症とは異なり、治療費は保険適用で1万円前後かかります。
保険適用治療で1万円前後は高いと感じる方が多いと思いますが、この1万円を惜しんだばかりにもっと大きな病気にかかる可能性も十分に考えられます。

そうなった場合には、もっと治療費がかかってしまいます。
それだけクラミジアは怖い病気なのです。

重症な病気に発展させないためには、性行為後1週間~3週間程度は、性器または分泌物に異変が無いかをチェックするようにしましょう。
特に自覚症状のできにく女性は、おりものに異変が無いかを確認します。
男性の場合は、5割の人に自覚症状が出ないため、尿道に違和感がないかを確認しましょう。

早めに完治させるには、細菌の数が少ない早期段階から治療を始めることです。
そのためにも、早期発見が大切になってきます。

クラミジアの代表的な治療薬は、「ジスロマック」と「クラビット」です。
最も効果的で副作用が非常に少ないとされているのがジスロマックで、子供から妊婦、高齢者まで幅広く使用できることから、現在では最も有用な治療薬とされています。
クラビットもジスロマック同様に幅広く使用されている治療薬であり、注射薬としても使用可能なのど信頼性の高い薬であります。

これらの治療薬をしっかり服用して、クラミジアの完治に努めましょう。